reale レアーレ・カンティーナ

ONLINE SHOP

CONDE’-コンデ-サンジョヴェーゼ発祥の地で高貴で味わい深いブドウの栽培を実現

コンデ -CONDE’-

コンデのワイナリーはエミリア・ロマーニャ州チェゼーナのプレダッピオの丘にあります。金融業界に身を置いていたフランチェスコ・コンデッロは2001年、この地にワイナリーを設立しました。

ワイナリーのあるプレダッピオはサンジョヴェーゼという品種名の語源となった寓話が生まれた街としても知られており、ロマニョーロ系サンジョヴェーゼ発祥の地と言われ、2000年もの歴史があります。 デリケートな気候の下での栽培は難しいものの、試行錯誤を重ね、小規模栽培により、高貴で味わい深いブドウの栽培を実現してきました。

海抜150?350mにある葡萄畑は、石灰岩を含む粘土質、貝やサンゴが堆積したスパンゴーネなど極めて多様で、小石も多く含まれ水捌けがとても良い土壌です。密植率は1haあたり5000?6000本、また一本の木からの収量は800?1200グラムと低く、有機肥料とグリーンハーベストでワインの高品質化を実現しています。

CONDE’CONDE’

ワインの作り手 一覧

TOP