reale レアーレ・カンティーナ

ONLINE SHOP

「ロゼワインってどうやって造ってるの?」赤・白・ロゼの違いと魅力を知ろう!

ピンクの見た目がパッと目を惹くロゼワイン!
見た目の華やかさから、赤や白とはまた違った魅力を感じる存在ですが、日本ではまだまだ馴染みが少ないワインのひとつ。
今回はそんな「ロゼワイン」について、造り方や他のワインとの違いについてご紹介します!

ロゼワインってそもそもどういう意味?他のワインとの違いは?

ロゼワインのロゼ(rosé)とはフランス語で「バラ色」を意味し、本来少しオレンジがかった濃いピンクのことを指します。ロゼワインといえど造り方から種類など様々なものがありますが、黒ブドウを使用し主に3つの方法のいずれかで造られたものを総称し「ロゼワイン」と呼ばれています。

また、「ロゼ」「赤」「白」の造り方の最も簡単な違いとしては、白は白ブドウ、赤は黒ブドウからそれぞれの手法で造られており、ロゼは黒ブドウを用いた一般的な3つの方法で造られています。

ちなみに、北イタリアのフリウリ州の一部ではピノグリージョのようなグリ系(灰色)品種を、低温で長めのスキンコンタクト(果汁に果皮を漬け込むこと)を行い、色素を抽出したピンク色のワインをラマートと呼びます。ラマートは銅色または赤銅色という意味です。このように白ブドウを赤ワインの製法で醸したワインを「オレンジワイン」と呼ぶ事があります。

ロゼワインはどうやって造るの?

ロゼは、黒ブドウを使用し一般的に「3つの方法」で造られるという事は前項でお伝えしました。ここではそのロゼワインの造り方」について解説していきます!

セニエ法

黒ブドウを原料とし、徐梗・破砕し果醪をタンクに入れ短時間静置します。その後果汁のみ抜き取り発酵させる方法です。破砕されてブドウの果皮と果汁が接している時間が長い為濃いめのロゼワインとなります。
ちなみに、この方法は赤ワインを醸造する工程で多く用いられ、果汁を抜き取らず醸し続けると赤ワインになります。また、セニエ法は他の方法に比べ手間も時間もかかる為、優良な生産者が最も用いる手法でもあります。
セニエとは瀉血(血抜き)の意味です。昔は淀んだ血を抜くと健康になるという考えがあり中世ヨーロッパなどで医師が治療の為に行った事から由来されています。

直接圧搾法(プレシュラージュダイレクト)

黒ブドウを原料とし「白ワインと同様にブドウを圧搾してから果汁を発酵する方法」です。破砕、圧搾する際に果皮から若干のアントシアニン色素が果汁に移る為、ロゼの色合いになります。ブドウの果皮と果汁が触れている時間が短い為、一般に、セニエ法よりも色合いが薄いです。
また、この手法は搾汁率が高い為、高品質かつ安価なワインが造れるのが特徴です。

混醸法

黒ブドウと白ブドウを混ぜた状態で発酵させる方法です。EUではこの方法は禁止されていますがシャンパンのロゼだけは例外で認められています。
混醸法の代表的なワインはドイツの「ロートリング」で、テーブルワインに多い造り方でもあります。

ロゼワインの味わいと食事との相性

ロゼワインの造り方や他のワインとの違いが分かったところで、次は「ロゼワインの味わい」や「食事との相性」についてご紹介していきます。

味わいについて

ロゼワインも他のワイン同様、「甘口」「辛口」があります。これはブドウの完熟度によって甘みが異なり、例えば「セニエ法で造られたから甘口」というような製造法によって甘みが変化するという事はありません。

食事との相性

ワインといえば、味わいはもちろんですが、大事なのが「料理との相性」です。
実は、ロゼワインはどんなお料理とも合わせやすくとても万能!赤か白か悩ましい・・・そんな時は「ロゼ」を選ぶのがおすすめです。

ロゼワインを楽しく飲もう

どんな料理との相性が良く、万能なワイン・・・。これだけでも十分魅力的に感じますが、パッと目を惹く華やかな見た目はロゼワインの最大の特徴。ここではそんなルックスも味わいも魅力たっぷりのロゼワインをより楽しむ為の「おすすめシチュエーション」をご紹介していきます。

お花見

春のイベントで楽しみなのが、お花見!お花見といえば・・・そう、桜!ロゼの持つ桜カラーの華やかさは、満開の桜の下ではより華やかさが増します。日中はもちろんのこと、ロゼワインを片手に夜桜を楽しむのが個人的にはとてもおすすめです。

ホームパーティー

ホームパーティーといえば、お料理やお家の装飾などなどポイントとなるところが多々ありますがここでもロゼワインは大活躍!パッと目を惹く可愛らしいピンクのルックスは、SNS映え抜群です!また、持ち寄り式のパーティーなんかは様々な種類のお料理が並べられますが、ロゼは比較的どんなお料理とも相性が良いので食事を選ばず楽しめるのもポイント!

満月の夜にも・・・

ヨーロッパには「満月の夜、ロゼワインを飲むと恋が叶う」というジンクスがあるそうです。

「ロゼワインに満月を映して飲みほすと願いがかなう。」とのこと・・・。恋をしている人だけでなく、満月の夜にロゼを楽しむなんて素敵ですよね。

まとめ

いかがでしたか?造り方だけで3種類の方法があるロゼワイン・・・
見た目も味わいも、たくさんの魅力が詰まったロゼをぜひ楽しんでみて下さい。

関連記事

関連するタグ

【新規メルマガ会員様限定】今すぐ使える!30%OFFクーポンプレゼント!

TOP