reale レアーレ・カンティーナ

ONLINE SHOP

「開けちゃったワインの賞味期限っていつ?」未開封・開封後の正しい保存方法と違いについて

みなさん、「開けちゃったワインの賞味期限」について気になったこと、ありませんか?

たまに「これは10年もののワインだから~」なんてセリフも聞きますが

「ワインって10年も持つの!?」
と驚いた方もいるのではないでしょうか。

そこまで深く考えなくても

「開けちゃったワイン、残しておきたいけど賞味期限ってどうなの?」
「ワインもらったけど、いつまで持つのかな?」
「どこに保存しておけばいいんだろう」

といったような、ちょっとした疑問を持った方も少なくないはず。

今回はそんな「開けちゃったワインの賞味期限」から、「ワインそもそもの賞味期限」「未開封ワインと開封後の飲み残しワインの違いと保存方法」について解説していきます。

ワインに賞味期限はあるの?

まずは、そもそもワインに「賞味期限はあるのかどうか」というところからですが・・・

実は、ワインに賞味期限というものはないんです。

ただし「賞味期限が無いならいつ飲んでも美味しいんだ!」という訳ではありません!
これから詳しく解説していきますが、確かにワインは賞味期限はありませんが「美味しく飲めるか」は、
そのワインの保存状態や、ワインの飲み頃によって大きく変わってくるんです。

【ワインに賞味期限がない理由】

ところで、なぜワインには賞味期限がないのでしょうか。

それはワインは瓶に詰められた後でも熟成する飲み物だからです。

買ったばかりの状態が一番飲むのに適しているワインもあれば、10年寝かせて熟成させた状態が一番美味しく飲めるというものもあり、ワインによって「飲み頃」はまさに千差万別。
「飲み頃」の幅が広く、一概に決めることはとても難しいのも大きな理由のひとつです。

また、上記の理由から、ボトルに貼られているラベルにも賞味期限の記載はなく、食品衛生法でも表記する必要はないとされています。

ちなみに、腐っているわけではないのに「美味しくない」と言われる状態のものは保存状態がよくなかったり「飲み頃を過ぎた」と言われます。

つまり、ワインを美味しく飲むうえで、この「飲み頃」というものは重要なんです。

開けちゃったワインはいつまで美味しく飲めるの?

栓を開けたはいいけど、飲みきれずワインを残してしまった場合・・・
残ったワインはいつまで飲めるのでしょうか。
ここでは開封後のワインの「美味しく飲める期間」をご紹介します。

赤ワイン

・・・抜栓から2〜3日以内が目安です。
ただ、ブルゴーニュワインだけは抜栓した当日に飲むのが一般的と言われています。
目安として、「樽熟成」をしているワインについては抜栓から1週間以上経っても味わいに遜色のないものもあります。

白ワイン

・・・抜栓から2〜3日以内が目安です。


甘口ワイン

・・・抜栓から1ヶ月以上持つものが多いです。抜栓後は冷蔵庫で保存するようにしましょう。

スパークリングワイン

・・・スパークリングワインはできるだけ開栓した当日に飲みきってしまうのがおすすめですが、どうしても飲みきれない場合は専用のストッパーで蓋をし冷蔵庫で保管すると翌日まで楽しむことができます。

お手頃価格のワイン

コンビニやスーパーなんかで購入できる〜2,000円代のワイン。
・・・
これらのワインは開栓後はできるだけ早く飲んでしまうのがいいでしょう。
どうしても飲みきれなかった場合はコルクやワインストッパーでしっかりと蓋をし、冷蔵庫で保存すると3日程度は持ちます。

未開封のワインの飲み頃は?

ワインは、賞味期限がないからといって「いつ飲んでも美味しい」という事ではありません!
ここでは、未開封のワインの「飲み頃」をご紹介していきます。
※収穫年・・・ラベルに表記されている西暦のことをヴィンテージ、または収穫年と呼びます。

赤ワイン

重めの赤ワイン(ボルドー等)

・・・収穫年から10年

軽めの赤ワイン

・・・収穫年から5年

ブルゴーニュワイン

・・・高級ワインの代名詞であるブルゴーニュワインはソムリエにより、意見が千差万別なので一括りにせずワイナリーごと・収穫年ごとにより熟成ポテンシャルが異なります。なので、購入された店舗のソムリエに聞くのが一番!!

ちなみにボージョレ・ヌーボーはあくまで新酒なのでフレッシュな味わいを楽しむものです。
できれば、解禁された年に楽しむのがおすすめです。

白ワイン

重めの白ワイン

・・・収穫年から5 年

軽めの白ワイン

・・・収穫年から3年

貴腐ワイン

・・・収穫年から10年
※貴腐ワインはものによって100年持つとも言われ、例えば子供が生まれた年に購入する方もいらっしゃるそうです。

スパークリングワイン

・・・スパークリングワインは商品によってばらつきがあるので、購入からあまり時間を置かず飲むことをおすすめします。
飲み方としては、ワインの中に炭酸ガスが含まれいる為、動きによるストレスを受けやすく数日間は落ち着かせて飲むのがベストです。とはいえ、購入から更に熟成させるにはなかなか判断が難しいのでプロに相談するのがいいかもしれません。

お手頃価格のワイン

コンビニやスーパーなんかで購入できる〜2,000円代のワイン。

・・・購入してからは時間を空けずに飲むのがおすすめです。
※これらのワインは種類関係無くほとんどが「既に飲み頃」の状態です!

上記の期間はあくまで「ワインに最適な保存方法」をきちんと守ったと仮定してのものです。
次項は、ワインの正しい保存方法について解説していきます。

ワインの正しい保存方法について

前項まではワインの飲み頃についてご説明してきました。しかし、未開封や開封後に関わらずワインには「正しい保存方法」があります。ワインというものはとても繊細な飲み物で、きちんとした方法を守らないと、飲み頃なはずなのに「美味しくない」と感じる状態になってしまう事もあります。

ということで、ここからはワインの保存方法について記載します。

ワインを保存する為のポイント

ワインを保存する時は以下の4つの点を意識して保存場所を選ぶようにして下さい。

【暗い場所】
直射日光はもちろん、蛍光灯などもできる限り避けれるところを選びましょう。

【涼しくて湿度が高い場所】
ワインの保存温度の理想は「1315℃」くらい。この温度を保ち、温度変化が少なく特に温度が上昇しやすいような場所は避けましょう。

【振動が少ない場所】
ワインは多少の振動で味が変わってしまう可能性があります。出来るだけ振動による刺激が少ない場所を選びましょう。

【匂いうつりがしない場所】
ワインはコルクを通して匂いがうつってしまうことがあります。
匂いの強いものや場所は避けるようにしましょう。

こんなに色々な条件があったら家での保管は無理・・・

と、不安になってしまうかもしれませんが、ご家庭では「床下の冷暗室」や「涼しい部屋の中の押入れ」
「冷蔵庫の中のチルド室」は保存場所にはおすすめです。

開封後のワインの保存方法

何度も書いているように一度栓を開けてしまったワインはできるだけ早く飲みきってしまうのがベストです。でも、それが出来ない時は

「ワインのコルクをきちんと閉める」
※スパークリングの場合は専用ストッパーを使う。
「冷蔵庫に入れて保存する」

以上の事を必ず守って下さい。常温保存はNGです!

味が変わってしまったワインは料理で再活用しよう

保存方法をきちんと守っていても、味が変わって美味しくなくなってしまった・・・。
でも、捨てるのはもったいないし抵抗がある。

そんな時は「料理」に利用してワインを再活用してあげましょう!

赤ワインの利用方法

赤ワインは、お肉を柔らかくしたり臭みをなくす作用があります。
「牛肉の煮込み料理」や「ビーフシチュー」なんかに入れるとコクが深まります。また、トマトベースの料理なんかにも良く合い、「鶏肉のトマト煮込み」や「トマトシチュー」にもおすすめです。

白ワインの利用方法

白ワインは赤ワインと違って色がつかず貝類や白身のお魚にも使いやすいです。「牡蠣やお魚の白ワイン蒸し」や「根菜と鶏肉のポットロースト」に使用するのがおすすめです。「サングリア」なんかにするのも良いかも。

まとめ

いかがでしたか?
ワインはそれぞれ「飲み頃」をきちんと把握することと、美味しく味わう為には「保存方法」をきちんと守ることが大切です。
ワインはまさに生き物のような飲みもの。美味しいワインを楽しむ為にも今回の記事を参考に「大切に保存」することを心がけて下さいね。

関連記事

【新規メルマガ会員様限定】今すぐ使える!30%OFFクーポンプレゼント!

TOP