reale レアーレ・カンティーナ

ONLINE SHOP

「ブショネって結局どういう状態?」原因と対処法について知っておこう

ワインにある程度詳しくなってくると、一度は耳にする「ブショネ」という単語。

レストランなんかでボトルを頼むと、ソムリエさんがコルクの香りをチェックしている様子
を見たことはありませんか?
これはまさにそのワインが「ブショネ」がどうかをチェックしているシーンです。

今回はこの「ブショネ」について解説していきます。

ブショネとは?

ブショネとは、ワインに使用されている天然コルクから発生する「異臭」を指し「ブショネ臭」や「コルク臭」と言った単語でも例えられます。
この「異臭」は人によって感じ方は様々ですが、一般的に雑巾やカビの匂いと近いと言われています。
(とにかく、心地の良い匂いでは無い事は間違いありませんね・・・)
語源は「Bouchon(ブション・仏語)=コルク」からきており、英語では「コルキー」とも言われます。

その、ブショネの原因とはTCA(トリクロロアニソール)による汚染にあります。

一般的に、天然コルクは塩素で殺菌し漂白されます。この工程の際に、コルクに元々付着していたバクテリアと塩素が反応を起こしTCA(トリクロロアニソール)という物質が育成されます。

このTCAが強烈な匂いの原因とされています。

また、このTCAはボトルや木箱、ダンボールなどにも付着している可能性がありコルクだけが原因という訳ではありません。

ブショネ(TCA汚染)のワインは飲んでも平気?

TCA汚染されたワインは、普通のワインにみられない特徴的な香りがします。

そこで誰もが思ってしまうのが「ブショネのワインは飲んでも平気なのか」という疑問ですが、大丈夫です。

ブショネはあくまでもコルクの問題なので、ワイン自体が汚染されている訳ではありません。
ブショネといっても匂いの強さは千差万別。
極論、飲む方が気にならなければ飲んでも問題ありませんがあまりおすすめはできません・・・。
(人によっては頭が痛くなったりすることもあります。)

コルクの進化

近年、このブショネの対策方法としてスクリューキャップや、合成樹脂のコルクキャップを利用する
生産者も増えています。オーストラリアでは99%がこのように人工的に作られたキャップを用いられ、
ドイツではガラス栓なども使用されています。
このように、だんだんと世界各地で「ブショネ対策」への取り組みが進んでいます。
ちなみに、天然コルクの方が美味しいのではないか、という意見がありますが一概には言えませんが個人的には関係ないと思ってます。
下記の生産者も合成樹脂のコルクキャップを使用していますが、人気も非常に高いワイナリーです。

トラヴェルソ
http://www.reale.shop/winery/detail/vigna-traverso/

ブショネがどうしても心配という人はこういったワインを試してみても良いかもしれません。

ブショネのワインに当たっちゃったときの対策方法は?

楽しみにしていたワインが、ブショネだったらショックですよね。
特に早々頻繁に買えないワインだったり、人からの頂き物だったらなかなか諦めがつかないものです・・・。しかも、このブショネのワインに当たる確率は100本中35本という話しもあり確率的には結構高め。
諸説あります。

「もしかしたらブショネかもしれない」

といった軽度な匂いの場合、まずはデキャンタや大き目のグラスに入れて様子を見ましょう。
酸素に触れさせる事で、匂いが揮発されワインが正常になる可能性もあります。

ボトルを開けた瞬間顔を顰めてしまうくらい強烈な匂いの場合は、コルクとワインは捨てずに
購入したお店に相談しましょう。
お店によって対応は様々ですが、取り替えてくれるかもしれません。

ワインの劣化とブショネの違いについて

たまにワインの酸化をブショネと勘違いしてしまう人もいますが、これは「ワイン劣化」でありブショネではありません。

ではこのワイン劣化とは、なぜ起こるのでしょう。

それはワインを保存方法に問題があるからです。

ワインを保管するにあたって理想の環境は

「温度1415℃」「日の当たらない湿度が65%70%」

です。

それを「高温の場所で保管」していたり、「コルクや栓の不具合によりワインが空気に触れること」で酸化し
結果「劣化」に繫がってしまいます。この現象は、熱劣化ともいわれます。
また、コルク上部に稀にカビが生えている事もありますが、これはワインの保管状態が良いという証拠でもあり問題ありません。カビと聞くとネガティブに捉えてしまいがちですが本来ワインの状態を良く保つには

上部に記載したような「カビの育ちやすい環境」に置いておくのがベストなので、良い状態で保管されていたと思って下さい。

しかし、ワインが吹き出し液垂れした箇所にカビが生えている場合は明らかに劣化している状態と言えるので注意が必要です。

まとめ

いかがでしたか?
ブショネといえば、当たらないに越したことはありませんが、もしもの時に
原因や存在を知っておくだけで少し安心するものです。
また、ブショネとワイン劣化を勘違いしない為にも、ご家庭でワインを飲まれる方は保管方法などを
この機会に見直してみて下さい。

関連記事

関連するタグ

【新規メルマガ会員様限定】今すぐ使える!30%OFFクーポンプレゼント!

TOP