reale レアーレ・カンティーナ

ONLINE SHOP

母の日にはワインを贈ろう!きっとお母さんに喜んでもらえる「おすすめワインの選び方」

母の日とは、その名の通り「お母さんへの感謝を伝える日」として、日本では5月の第2日曜日に制定されています。
今年の母の日は「512日」
皆さん、プレゼントはもうお決まりですか?

母の日のプレゼントといえば、まずは大定番のカーネーションが思い浮かびますが、
最近では食器やエプロン・旅行券などをカーネーションの代わりにプレゼントする方も多いようです。

でも、プレゼント選びって結構大変ですよね。しかも今年は元号が平成から令和に変わって初めての母の日。

「毎年カーネーションじゃ味気ないし、今年は何か違ったものを贈りたい!でも実際何を贈れば喜んで貰えるのか分からない・・・」

そんなお悩みを抱える方へ!今年の母の日は「ワイン」を贈ってみませんか?

この記事では「母の日のプレゼントにワインがおすすめの理由と選び方」をご紹介します!

母の日にワインがおすすめの理由

「母の日にはワインがおすすめです!」とだけ言われても、理由が分からないと贈ろうとは思えないですよね。
そこで、ここでは「なぜ母の日にワインがおすすめなのか」おすすめしている理由について説明します。

「サプライズ感を演出しやすい」
日本ではワインはまだまだデイリー飲みよりは、誕生日や記念日など特別な場で飲む機会の方が多く
受け取った側は「特別なものをプレゼントしてもらえた!」という、サプライズ感を演出しやすいのです!

「種類が豊富で選びやすい」
また、ワインは値段やラベル(エチケット)のデザインまでとにかく豊富!
「(2)ワインの選び方」で詳細はお話しますが、「お母さんを喜ばせるポイント」を見つけやすいのも魅力。

「一緒に楽しむ事ができる」
ワインは1人でも楽しめますが、2人で飲むとまた違った楽しみができるお酒です。
普段お母さんと過ごす時間が少ない人は、ワインと一緒に親子の時間も楽しめます。

以上3つが、ワインをおすすめする理由です。

母の日に贈るワインの選び方

前項でも少し触れましたが、ワインは種類がとにかく豊富!

価格もラベルデザインも幅が広く「選び方」をきちんと定めないと大変…。

そこで、ここでは「お母さんにぴったりのワインの選び方」を紹介していきます。

「ラベル(エチケット)のデザインで選ぶ」
例えば、普段の小物や食材なんかでもデザインが凝ったものを持っているような
お母さんへは「ラベルのデザイン重視」で選びます。ワインのラベルはキュートなものから
ユニークなものまで、見た目から楽しめるものがたくさんあります。
お母さんの好みを事前にチェックし、素敵なデザインのものを選んであげましょう。

「料理との相性で選ぶ」
料理が得意だったり、食べる事が好きなお母さんへは「料理との相性重視」で選んでみましょう。
「うちのお母さんはお肉料理が得意だったな」
「そういえばお刺身が好きで、よく食べてるな」
などなど・・・
普段のお母さんの「食事事情」を思い出しながら選んでみてください。
ちなみに、肉には「赤ワイン」、魚には「白ワイン」というのが一般的ですが最近では意外な
組み合わせも増えてきてるのでワインショップなどで購入を考えている人は店員さんに具体的な
料理名を出しておすすめを聞いてみても楽しいかもしれません。

「シチュエーション別で選ぶ」
ホームパーティーを開いたり、イベント毎が好きなお母さんへはSNS映えしそうな
ロゼワインや、ワインがあまり得意な人でも飲みやすい甘口ワインなどを選んであげましょう。
お母さんだけでなく、お母さんのお友達や交流の場でみんなが楽しめそうなものをプレゼント
してあげるのがおすすめです。

「お酒の好みで選ぶ」
お母さんが元々お酒が好きだったり、ワインに詳しい場合はまずは好みに合わせるのが大事です。
好みというのは、例えばカクテルやサワーを頻繁に飲んでるのであれば、「甘口スパークリング」
などがおすすめです。また、辛口の日本酒やビールを良く飲んでいるのであれば飲みごたえのある
「フルボディ」の赤ワインや辛口の白ワインを選んであげましょう。
ワインを普段から飲まれているようなお母さんへは、定番よりも徐々にブームになってきている
ような「話題性」を中心に探すのが良いかもしれません。

以上4つが「母の日に贈るワインの選び方」になります。

まとめ

いかがでしたか?
まだまだ迷っている方は、ぜひ今回の記事を参考にお母さんの喜ぶワインを探してみて
下さい!

年に一度の母の日は「ありがとう」をワインに込めて、感謝の気持ちを伝えましょう。

関連記事

【新規メルマガ会員様限定】今すぐ使える!30%OFFクーポンプレゼント!

TOP